モラハラにあたる、言葉・態度。親しき中にも礼儀あり。

2015年12月21日月曜日放送の「あさイチ」で、モラハラについて特集していました。

ついつい、妻に対して強い態度になってしまうことは無いですか?

夫の言動に怯えてしまう事はありませんか?

モラハラを行っている方も、されている方も、気付きにくいから恐ろしい。

そんなモラハラを考えてみたいと思います。

punch-316605_1280

こんな言葉もモラハラになる

お金に関して、「俺が稼いでいる!」という言動。

育児に関して、「子供がわがまま。教育係はお前だろ!」という発言。

家事に関して、「晩ご飯は必ず7時」という、異常なルール。

また、冷蔵庫の中のものに対して「賞味期限が切れているぞ。」という発言。

これら全て、ただ発言しただけではモラハラになりませんが、言われている方が反論できない様な状況に追い込むと、モラハラになるそうです。

大なり、小なり、皆さんこんな発言はしちゃっているかもしれませんね・・・。

言葉というよりも、恐怖心を植え付けている事がダメ!!

言われた方がちゃんと反論出来たり、ちゃんと話会えれば問題無いのですが、相手が言い返せない様に、相手に恐怖心を抱かせてしまうことが一番の問題です。

上下関係を徹底する。

独特のルールを作る。(これによって、相手を従わせる。)

自分が特別(上の立場)である、と考えている。

独特のルールに従ってしまっている時点で、相手に対して恐怖心を抱いている典型例になります。

この様な態度、言動が続けば、明らかにモラハラであると言えます。

また、配偶者が反論せずに、ただ従っているだけの場合は、知らず知らずのうちに、相手を追い詰めていしまっている可能性があります。

つまり、自分がモラハラをしているという事になります。

逆に、自分が配偶者に対して恐怖心を頂いているなら、モラハラを受けて、心に深い傷を負ってしまっている可能性があります。

まずは気づくことが大事です。

自分を大切にして、その状況から逃げ出すことも非常に大事です。

子供はどうなの??

子供も、大人のモラハラを見て育つと、心に傷が残ってしまう様です。

また、先天的に発達障害があるお子様の場合は、その症状が顕著に表れてくるそうです。

なるべく安全な環境に逃げてあげることの方が大事なこともある様ですね。

自分が怒られているわけではないが、近くの人が怒鳴られているのを見るのは気持ち良いものではないですよね?

ましてや、自分の両親がその状況だったらどうでしょうか?

子供の為に、モラハラを受け続けて我慢し続ける事が、果たして正しいことでしょうか?

常に、恐怖心にさらされていると、洗脳されている様なもので、冷静な判断ができなくなっている可能性もあります。

本当は自分が悪く無いのに、自分を責めてしまい、最悪の方向になっているかもしれません。

玉ちゃん(玉袋筋太郎)さんが、「嫌な詰将棋をされている様なものなんでしょうね。」と言っていましたが、本当にそうなんだろうと思います。

私は、逃げることが決して悪いことだとは思いません。

なぜなら、一番悪いのはモラハラをしている人ですから。

ですから、辛いなら辛いと認めて、その状況から逃れることも大事だと思います。

本当はどうなの?モラハラなの?

行動のものさしが夫(妻)になっていたら要注意だそうです。

楽しいはずの買い物も、夫に怒られるのではないか?と不安になってしまう。

夫が怒らないことが行動の基準になってしまっている。

そんなことになっていたら要注意です。

モラハラを受けていると感じ始めたら、まず自分の状況や気持ちを出来るだけ長い文章にして書き出してみましょう。

その出来るだけ長く書いた文章を、友達から来たメールだと思って、読み返してみて下さい。

その文章を客観的に見ると、すごく酷いことをされていたと気づく方が多いそうです。

まずは、モラハラに気づく。

気付いたら、外に出していく。

被害者で居続けない。

という事が大事だそうです。

相談窓口もあります。

もし、モラハラを受けていると感じたら、相談窓口を利用してみるのも良いかもしれません。

相談窓口

DV相談ナビ 0570-0-55210

よりそいホットライン 0120-279-338

(※岩手・宮城・福島は 0120-279-226)



最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。
記事が気に行った際は、ブログランキングのボタンをポチっとご協力をお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
クリックするとランキングに反映される仕組みになっています。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。